毎日おから生活で、頑張らずに痩せる「食物繊維ダイエット」

おからパウダーは、100g当たりの「食物繊維」は43.6g!

食物繊維の目標量は、18~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされています。しかしながら平均では、6~7割の食物繊維しか摂取できていないのが現状です。(年代にもよりますが、1日平均5gほど足りていません)

食物繊維を手軽にとりたいと考えた時、産廃にもなっている「おから」に注目。
豆腐や豆乳を作ると、ほぼ同量の「おから」が出てきます。しかし使いきれない分は産廃として破棄されているのが現状です。大豆の栄養素や食物繊維を捨ててしまうなんて本当にもったいないです!
「足りない食物繊維は『おからパウダー』で!」を目標に、毎食の料理にちょっとずつおからパウダーを追加して、頑張らずに食物繊維の目標量達成を提案します。

食物繊維をしっかり摂ることで、腸に滞留する便の排出を促すことに繋がります。
便が腸内で留まると、大腸がんなどのリスクが高まることが報告されて以後、健康維持の観点でも腸内環境を整えることがより注目されるようになりました。

さらに腸内の善玉菌は、食物繊維をエサにして発酵していき、酪酸などの「短鎖脂肪酸」を作ります。短鎖脂肪酸は、腸内を酸性の状態にしていくため、酸性に弱い悪玉菌が減り、善玉菌が優位の状態を維持してくれる(腸内環境が整う)ことに繋がります。腸活の観点でも、食物繊維は必要です。
※悪玉菌が増殖すると、腸機能が低下。代謝機能を担う肝臓にも負担がかかり、代謝機能が低下。結果、やせにくい体質になるとの報告があります。

毎日快便、腸内をきれいに保ち、腸内の善玉菌を活発に活動させることが、健康を維持しつつダイエットのポイントです。

美味しく食べてやせるダイエットのために、また腸内環境を整えて生活習慣病を予防するために、食物繊維の豊富な「おからパウダー」をとりいれてみてはいかがでしょうか?

ダイエットの記事一覧

おからパウダーがスーパーフードである3つの理由

ダヴィンチニュースさんで、おからについて取り上げ […]

粗いおから細かいおから

いつどんな時にどんなおからを使いましょうか〜。 […]

-レシピ-「生おからを乾燥おからにする方法」

お豆腐屋さんから生おからを購入したら・・水分量に […]

すべての記事を見る